column 01

リフォーム多能工(ハウスリフォーマー)とは?

リフォーム多能工とは

多能工とは、従来ならば専門職人が行っていた作業・工程を、業務の枠を超えて複数遂行できる、いわゆるマルチスキルをもつ人材を指します。

リフォームの現場において求められる理想のリフォーム多能工とは、「これまで専門の職人が行ってきたクロス貼り・水回り工事などの業務を、分野の枠を超えて理解と工程管理ができ、ある程度の作業を単身で完遂できるスキルを持つ人材」です。

自社社員をマルチなスキルを持つリフォーム多能工として育成することができれば、これまで粗利の少なかった小規模リフォームに対し、柔軟な戦略をとることができます。

今後予想される「人口減少による職人減少、新築住宅需要の低下、リフォーム事業の発展」を考えると、自社リフォーム多能工の育成は急務です。

職人が足りない・新築の仕事が取れない・リフォームの依頼が増えているのに対応できない、となってしまってからでは遅いのです。

リフォーム多能工育成の難しさ

しかし言うは易しとの言葉どおり、これまで専門職人に依頼してきた各工程を、一人で、しかも複数身につけるとなると、容易なことではありません。

  • 必要な知識やスキルの教育方法の確立
  • 実践や経験を詰む環境
  • 修練に用いる資材の準備

簡単にあげただけでも、これだけの準備とコストがかかります。

ハウスリフォーマー育成学院はリフォーム多能工の専門研修施設

ハウスリフォーマー育成学院では、これら教育・環境・資材の問題を全て解決しています。

十分に整えられた環境で、12日間80時間の研修期間内に、どなたでもリフォーム多能工としての一定水準の技術が身に付く実戦形式のカリキュラムを確立しています。

研修内容ご案内はこちら

資料請求フォームはこちら