メッセージ(学院理念)

 現代日本が直面する住宅・不動産市場では、生産年齢人口減少をはじめとし、さまざまな問題に取り巻かれ、 新築着工戸数においては2017年から2025年にかけて 徐々に減少していく見込みで、2030年度にはバブル経済崩壊後のピーク時(1996年)の頃の約3分の1以下まで落ち込むと推定されています。

このような背景の中、業界では「新築からの脱却、リノベーション市場参入、リフォーム事業への転換」などの言葉がささやかれ、ハウスメーカーをはじめ、 異業種からの事業参入が次々と出始め、さまざまなタイプのリフォーム会社が増加していくことが予想されています。

しかしながら地域住宅会社・工務店では、その言葉だけが独り歩きし、本格的リフォーム事業をおこなう体制すらできていないという状況があります。

リフォーム受注の基本は“一点突破全面展開=ランクUPビジネス”、小工事依頼から中工事そして大工事へのランクUP手法、または引渡し済み顧客からのリピート手法が基本となりますが、

新築を売ってきたセールスマンがリフォームに真摯に向き合えない→小工事は煩わしい……利益が薄い……
工務だけしてきた現場監督がリフォームに真摯に向き合えない→小工事こそ手間がかかる……段取りが面倒……
こういった理由からせっかくの小工事もアフター担当に任せっきり、協力業者へ直接丸投げしているのが現状です。

今後ますます平均受注単価50~100万円以下のリフォーム会社が乱立され、「安さ」を争う地域競争が全国で起こってくる中、このような問題を解決し、 小工事でも確実に高利益を獲得できる方法として

“1社に1人の多能工社員育成、ハウスリフォーマー育成”

の必要性を感じ、本学院を開校する運びとなりました。

この学院を通じ、本流である地域住宅会社・工務店が自社の顧客を守り、生き残りをかけて、 共に学び、共に成長し、そして共に夢を追い続ける企業を目指してもらうことが、 未来を創造するチカラ、新たな一歩を踏み出すチカラとなり、 微力ながらも業界の発展に繋がると信じております次第、よろしくお願い申し上げます。


学長

中田 竜 近影

株式会社 住空間総合研究所 代表取締役   中田 竜

略歴

1973年長崎生まれ。長崎地場の分譲・建売系住宅会社に入社後、営業第一線で3年間で約100棟を販売。功績を買われ地場ゼネコンの新規住宅事業立ち上げに参加。営業責任者として、事業部の確立、ノウハウの構築に力を発揮。
事業完結に伴い長崎の地場工務店に入社。新築、リフォームの営業兼工務を担当しながらプレーイングマネジャーとして現場最前線で活躍。
株式会社 住空間総合研究所を設立し、新築会社、リフォーム会社の実践コンサルティング及び 人材育成教育を実践中。

会社情報

住宅事業専門コンサルティング業務。組織改革、自社の仕組みづくりの包括的サポート。
〒851-2212 長崎市畝刈町297番地
TEL:095-865-8601 FAX:095-865-8609
URL:http://j-kukan.jp/